ホーム » スキンケア » アラサー以上の日々の疲れ肌、気がついたら入浴時間にお手入れ

アラサー以上の日々の疲れ肌、気がついたら入浴時間にお手入れ

お肌のたるみが気になる年齢は30代以降、とくに日常生活による歪み、たるみが際立つことも多くなります。気がついた時は口角が歪み、頬がたるみ、輪郭が露呈していたり、自分でも疲労感が見え隠れしてくる状況に。こんな時でも慌てずに、ゆっくりとケアしていきましょう。

http://www.stall-bengtsson-kristoffersen.com/

入浴時間をうまく利用してみて!

入浴時間を利用したお肌のお手入れをご紹介します。まずは、たるみのケアから。洗顔やクレンジングを行う時に同時にながらで、血液の流れやリンパの流れを意識しながら顔を洗うようにします。手の動きは、下から上へを意識します。体液の滞りを解消させる気持ちで優しく流していきましょう。ケアの前後では顔の色味が変化しているはずです。

美しい色味を取り戻すために、血行不良を解消させていくのです。

クレンジング、洗顔時をうまく利用してマッサージ

クレンジングと洗顔の時は顔をいらうことになりますが。誰もが部位ごとに法則にのっとり洗いますよね。頬は下から上へくるくると優しくマッサージする、目の周辺はデリケートゾーンですから、一層の優しさでくるくるとマッサージしていきます。特にTゾーンと言われる部位は汚れやすい部分、下から上へと向かい丁寧に洗うようにします。

入浴時間は血行をよくするために、クレンジングの時は時短にもつながり効率的ですからぜひ取り入れてみて!