ホーム » ダイエット » ご飯を減らして、ヨガによって動ける体をつくってダイエット

ご飯を減らして、ヨガによって動ける体をつくってダイエット

 個人的に、太る原因はごはんにあると思っています・ある日なんかベルトがきつくなってきたなあと感じて、よく考えてみるとまい昼に弁当にごはんが多めに入っていたことを

思い出しました。それからは注文の際にごはんは半分と必ずと言っていいほどお願いしています。

履き方次第では痩せない?ベルミススリムタイツの効果と私の口コミ評価を暴露

 それと、運動ですが、ヨガをおススメします。特に自分は体が硬いこともあり、大変効果があり他の運動でも体全体を使えるようになり、ダイエットの効果がさらに高まりました。まずはヨガを行うことにより、体をほぐして、お腹を中心にしたポーズをしっかりとすることによって体重を体に足の裏に乗せることができるようになりました。そうすると何もやるにしても、体全体で動かすことができるので、エネルギー消費が高まり、ダイエットにつながります。

 例えば体を曲げる時は、常に足の付け根から曲げることによって、自然とお腹を使えるようになります。それによって腹筋の効果も高めることができます。

 筋トレ効果も高めることによって、さらに体重を減らすことができます。

 また、健康機能食品や保健食品のお茶はおススメです。特に保健食品のお茶を飲むと空腹がなくなり、間食をしなくなった経験があります。今は経済的理由でできていませんが、経済が許すなら絶対に飲みたいお茶です。